気になった出来事

気になった出来事

.古代の海運から北前船

昨週、加賀市へ行き気になったことがある。
私の友人がなぜか「記紀」について本を出版したため古事記などにあまり興味をもたなかったのだが、友人に失礼なのでちょうどその本に目を通したばかりだった。(辻清貴著「解体的復元『古事記』『日本書紀』アマゾンキンドル本)
加賀市内をバスで走っていると神社がそこかしこにあるのだ。 「白山神社」「 武甕槌《たけみかづち》神社」「菅原神社」「恵比寿神社」。以前長野正孝氏の著書で「古代史の謎は海路で解ける」という本を読んだことがある。その筆者は「倭の五王」は大和の天皇ではなく、葛城《かずらきの》襲津彦《そつひこ》をルーツとする蘇我氏の先祖ではなかったかとし、その国は船を使って交易をしているため内陸国ではなく、「宋書」によれば倭王武は「北陸から東北地方の蝦夷の五十五カ国を征服した」とあるが、九州から蝦夷地を往復するだけで半年かかる。秋になれば日本海は航行できない。だから敦賀から丹後付近のどこかにあったとするのが妥当だとしている
まさしく「翡翠の道」と「鉄の道」が交わるところである。私が興味を持っているのは船の交易で、その当時の船は人力船で帆はまだ発達しておらず、補助的に四角帆が使われていた程度である。(豊岡市出石の袴狭《はかざ》遺跡の線刻画やアイヌ船に見られる)そういった船で東北・蝦夷地域と交易をし、豊富な食料を得ていた。二世紀から八世紀のころである。北前船以前から日本海側では蝦夷地との交易は行われていたのである。この頃の船は当然地乗り船で岩壁が続く能登半島や丹後半島は船で航行することはできず、船を平地で曳いて半島を渡ったとされている。
日本には竜骨(船の芯となる骨材)が造れるような堅い木がなかったため大きな構造船は造れなかった。中国沿岸においても同様で遣唐使船が多く遭難したのもそれが一要因である。構造船でないため三角帆などが発達せず、風に向かって進むことができず、逆風が吹くと港に入り風待ちをした。また日本海・東シナ海はよく荒れる海としても有名で、私も日本海へ大物を求めて、時々釣りに行くが、秋から冬にかけては勿論、夏場でも船が出れない時がある。
和船が逆風でも航海できるようになったのは、北前船(弁財船)が発達してからで(竜骨に相当する航というものがつかわれていたが肋材はなかった)ある。これで地《じ》乗りから沖乗り廻船が可能となった。しかし効率を重視し甲板を設けなかった(積載量を増やすため)ため船体の耐久力が弱く、以前として海難事故は多く発生した。しかし航行能力は飛躍的に良くなり大坂から江戸までは平均十二日、最短六日で航行した。十八世紀末では平均五日となっていた。そのため物資過剰となり航行規制が出たほどであった。
その後 日本の廻船は富国強兵のもとに西洋文明が大波のごとく押し寄せて、船も機械船になり大型和式廻船はその姿を徐々に消していった。

2015年11月23日

北前船と坂越

兵庫県立歴史博物館で開催されている北前船(地域と文化をつなぐ海のみち)新潟・兵庫連携企画展を見て江戸期から明治にかけて日本経済の主流をなしてきた、北前船について、たいへん珍しい 貴重な展示物がたくさん見られ、その当時の交通・物流・文化・生活・経済など興味をひくものがあった。とくにその当時の海運業をになってきた人たちは、莫大な利益を得た人が多く、絢爛豪華なものが、そこかしこに展示されていた。特に目を引いたのは、酒田の豪商の「べに花屏風」である。山形県指定文化財でべに花が商品になるまでの行程を絵で紹介した豪華ですばらしいものであった。また高田屋嘉兵衛が実際に使用した望遠鏡や船乗りたちが、危険な航海に覚悟してまげを切って出ていったあかしなどがあり、男のロマンをかき立てられる一面もおもしろかった。
さて その企画展で私が一番興味を引いたのは、ここ坂越に関する展示があったことだ。北前船と坂越がどう関連していたか、あまり知らなかったからだ。坂越に残る資料からはすでに1600年代から山形の酒田とは廻船による交易はあったようで、この日歴博でいただいた資料では、古着や塩等が酒田へ運ばれ、酒田からは米や海産物、紅花などがこちらに運ばれたそうです。この日開催された講演会では姫路の奈良屋と酒田の新渡戸家との交易について県立大の先生がご講演されていました。その中で、この両家の交易の間に京都の老舗が仲介に入り、信用取引きによる 現代の為替の原型ともいえる制度にて、資金が運用されていたそうです。坂越の廻船も買積み廻船がほとんどであったことから考えるとそういう為替制度で運用されていたのではと思われます。

2015年6月8日

坂越っ子星空探検と気象学を開催

7月25日19時から21時で坂越の防災広場にて4台の天体望遠鏡を使って土星の観測会を開きました。約100名もの小学生と保護者の方が集まって下さいました。どなたも土星を見るのは初めてで輪が見られて感動しておられました。
昨年は天候が悪く観測会ができなかったので肩身が狭かったが、今年は多くの方に見ていただきほっとしました。
こういった年代に星を見て感動し、興味を持っていただければ、これからの人生の励みになるのではないかと期待しています。いろんなことを見、経験することで、人間性を深め、広い視野を養ってもらいたいものです。
同じく8月1日に坂越公民館にて小学生と保護者、約40名で、気象予報士4名による気象の勉強しました。最後は天気図を見ながら自分らがお天気キャスタ-やアナウンサ-になり自分が考えた予報を皆の前で発表しました。なかなかおもしろかったです。しグル-プ内で話合いながら、教科書にたよらず自ら考えをまとめ、発表することは、いろいろな新鮮な生きた意見が出ていることに驚きました。実践することは人を育てるのだと改めて大事だと考えさせられました。

2015年8月3日